HOME 新着情報

新着情報

(もっと温泉を楽しもうシリーズ)温泉の上手な入浴方法

1. まずはかけ湯から
温度に体を慣らすために、心臓より遠い足元から徐々に体を慣らすようにお湯をかけましょう。かけ湯は念入りに行うことで、入浴による脳貧血を予防し、関節等の血行も良くします。

2. 入浴時間はほどほどに
入浴時間は温度や泉質によって異なりますが、初めは3〜10分程度に留め、なれるにしたがって少しずつ延長していきましょう。高血圧症、心臓病、高度の動脈硬化の人は高温浴(42度以上)は避けてください。

3. 入浴後は温泉成分を洗い流さない
入浴後は、身体に付着した温泉の有効成分を水で洗い流さないようにしましょう。(但し湯ただれを起こしやすい人は淡水で洗うか、ふき取るのが効果的)

4. 水分補給を充分に
発汗により体内の水分が少なくなっています。ぬるま湯やスポーツドリンク等で体に潤いを与えましょう。

5. たっぷり休む
入浴中はエネルギーを消費します。また血圧も変動しますので、体調が安定するまで、湯冷めに注意しながら、安静に過ごしましょう。

ご注意ください!温泉には禁忌症があります。
病気などで体が弱っているときには、温泉の薬効成分が逆効果になることがあります。「禁忌症」に当てはまる人は入浴を控えましょう。

≪要注意≫
1.高血圧・心情病・高度の動脈硬化症の人の高温浴。
2.妊娠初期と末期の方の高温浴や長時間の入浴。
3.食事の直前、直後の入浴。
4.飲酒後の入浴。
5.スポーツをした直後。
6.体調がよくないとき。

寒いところから熱い湯に急に入ると、体が外気との温度差に驚いて発作を起こす場合があります。温度差が少なくなるよう、徐々に体を慣らすようにしましょう。露天風呂など寒いところで服を脱ぐときも注意が必要です。

参照:一般社団法人 日本秘湯を守る会HP

当館へのご質問、お問い合せは下記よりお受け致しております。
日本秘湯を守る会 会員宿
湯西川温泉 上屋敷 平の高房

〒321-2601 栃木県日光市湯西川1483
TEL.0288-98-0336
お問い合せフォームはこちら
もっと温泉を楽しもうシリーズ : - : -
<< 〜冬の湯西川温泉 上屋敷 平の高房〜雪景色の平の高房のご紹介 : main : 〜秋の湯西川温泉 上屋敷 平の高房〜紅葉が日々深まってまいります >>
最近の記事
カテゴリ
過去の記事