HOME 新着情報

新着情報

(もっと温泉を楽しもうシリーズ)温泉の楽しみ方

1. かぶり湯 温泉入浴の基本
入浴前に頭や首から湯をかぶるかぶり湯は毛細血管をゆっくり拡張するため、入浴による脳貧血を予防し、関節などの血行も良くします。

2. 打たせ湯 肩や腰の凝りや痛みに
高所から滝のようにお湯を落とし、肩、首などの一部分を打たせる方法です。あんま湯とも言われ筋肉をほぐすマッサージ効果があり、血行をよくします。

3. 寝湯 体がよく温まる
浅い浴槽に横たわる入浴法です。座って入る一般的な入浴法より体に負担がかからず、比較的体力のない方でも安心して入浴できます。

4. 蒸気浴(蒸し湯) ゆっくり入浴できる
温泉の蒸気を利用した入浴法。蒸気が出る箱の中に体をいれ首だけ出す「箱蒸し」や「蒸し風呂」などサウナ効果と温泉の有効成分を取り入れる両方の作用が期待できます。

5. 腰湯・足湯 時間をかけてリラックス
腰や足の部分を温泉に浸らせる方法です。温熱と水圧の作用により、血液循環を改善するため冷え性などに効果があります。また部分浴のため長時間にわたり湯に浸れます。

6. 歩行湯 自律神経を刺激
膝下程度の深さの温泉の中を歩く方法です。足に刺激を与えることによって血行を良くします。冷え性、不眠症、自律神経失調症などに効果があります。

7. 半身浴 全身浴の前に
胸から下を温泉に浸す入浴法です。温度や水圧による心肺への負担が少ないので、まず全身浴の前に入浴することをお薦めします。

8. 運動浴
温泉プールのように浴槽の中で運動を行う方法です。全身浴の効果と運動浴効果が同時に期待できます。

参照:一般社団法人 日本秘湯を守る会HP

当館へのご質問、お問い合せは下記よりお受け致しております。
日本秘湯を守る会 会員宿
湯西川温泉 上屋敷 平の高房

〒321-2601 栃木県日光市湯西川1483
TEL.0288-98-0336
お問い合せフォームはこちら
もっと温泉を楽しもうシリーズ : - : -
<< 〜秋の湯西川温泉 上屋敷 平の高房〜ロビーから眺める紅葉など : main : 〜冬の湯西川温泉 上屋敷 平の高房〜厳しい寒さに耐えて咲く、山茶花(サザンカ)♪ >>
最近の記事
カテゴリ
過去の記事