HOME 新着情報

新着情報

(もっと温泉を楽しもうシリーズ)温泉の上手な入浴方法

1. まずはかけ湯から
温度に体を慣らすために、心臓より遠い足元から徐々に体を慣らすようにお湯をかけましょう。かけ湯は念入りに行うことで、入浴による脳貧血を予防し、関節等の血行も良くします。

2. 入浴時間はほどほどに
入浴時間は温度や泉質によって異なりますが、初めは3〜10分程度に留め、なれるにしたがって少しずつ延長していきましょう。高血圧症、心臓病、高度の動脈硬化の人は高温浴(42度以上)は避けてください。

3. 入浴後は温泉成分を洗い流さない
入浴後は、身体に付着した温泉の有効成分を水で洗い流さないようにしましょう。(但し湯ただれを起こしやすい人は淡水で洗うか、ふき取るのが効果的)

4. 水分補給を充分に
発汗により体内の水分が少なくなっています。ぬるま湯やスポーツドリンク等で体に潤いを与えましょう。

5. たっぷり休む
入浴中はエネルギーを消費します。また血圧も変動しますので、体調が安定するまで、湯冷めに注意しながら、安静に過ごしましょう。

ご注意ください!温泉には禁忌症があります。
病気などで体が弱っているときには、温泉の薬効成分が逆効果になることがあります。「禁忌症」に当てはまる人は入浴を控えましょう。

≪要注意≫
1.高血圧・心情病・高度の動脈硬化症の人の高温浴。
2.妊娠初期と末期の方の高温浴や長時間の入浴。
3.食事の直前、直後の入浴。
4.飲酒後の入浴。
5.スポーツをした直後。
6.体調がよくないとき。

寒いところから熱い湯に急に入ると、体が外気との温度差に驚いて発作を起こす場合があります。温度差が少なくなるよう、徐々に体を慣らすようにしましょう。露天風呂など寒いところで服を脱ぐときも注意が必要です。

参照:一般社団法人 日本秘湯を守る会HP

当館へのご質問、お問い合せは下記よりお受け致しております。
日本秘湯を守る会 会員宿
湯西川温泉 上屋敷 平の高房

〒321-2601 栃木県日光市湯西川1483
TEL.0288-98-0336
お問い合せフォームはこちら
もっと温泉を楽しもうシリーズ : - : -

(もっと温泉を楽しもうシリーズ)温泉の種類(泉質)

温泉にはどんな種類があるの?
温泉の泉質について

温泉には、共通して鉱物の作用による温熱効果がありますが、泉質によっても特徴が違ってきます。温泉の泉質は温泉水に含まれる成分と含有量などによって幾つかのグループに分けられています。

単純温泉
泉温が25度あっても、温泉水1kg中に含有成分が1000mgに満たないもの。刺激が少なく、効能もさまざまなので幅広く利用されています。

二酸化炭素泉(単純炭酸泉)
温泉水1kgに遊離炭酸1000mg以上を含むもので、炭酸ガスが溶けていて細かい泡が出るため、「泡の湯」「ラムネの湯」とも言われています。血管の拡張が強まるので血圧が下がります。

炭酸水素塩泉(重炭酸土類泉・重曹泉)
アルカリ性の泉質で重炭酸土類泉、重曹泉の2種類があります。無色透明で肌をなめらかにする効果があり、特に重曹泉は皮膚を柔らかにして汚れをとるので、「美肌の湯」とも呼ばれています。

塩化物泉(食塩泉)
海水の成分に似た食塩を含んでおり、入浴後肌に付いた塩分が発汗を抑えるため、保温効果抜群です。「熱の湯」とも呼ばれます。

硫酸塩泉
飲むと苦味のある温泉で古くから「傷の湯」とも呼ばれ、カルシウムを含む石膏泉、ナトリウムを含む芒硝泉、マグネシウムを含む正苦味泉の3つに分けられます。

含鉄泉
炭酸鉄泉、緑ばん泉の2つに分けられます。湧出したときは無色透明ですが、空気に触れると茶褐色に変色し、効能も弱まります。保温効果が高く、飲用すると鉄分の補給にもなります。

含アルミ二ウム泉
無色透明、または黄褐色の酸味を含むものもあり、酸性泉と並んで殺菌力が強い温泉です。

含銅−鉄泉
含鉄泉のように空気に触れ酸化すると不透明な黄色になり、茶褐色の沈殿物ができます。鉄分を含むので、よく温まりますが石鹸はあまり効きません。

硫黄泉(硫化水素泉)
特有の卵が腐ったような匂いがあり、血管を拡張させる作用があります。硫化水素は有毒なので換気が不可欠です。黄白色の沈殿物は「湯の花」と呼ばれます。固くなった角質を硫黄が軟化させ溶かしてくれます。ニキビ・吹き出物にも有効です。

酸性泉
殺菌力が大変強く、肌に染みる強い刺激があります。肌の弱い人には向きません。慢性的な皮膚病の治療などに利用されます。

放射能泉
微量の放射能を含み、ラジウム泉とも呼ばれています。微量の放射能は人体に良い影響を与えることが実証されています。

参照:一般社団法人 日本秘湯を守る会HP

当館へのご質問、お問い合せは下記よりお受け致しております。
日本秘湯を守る会 会員宿
湯西川温泉 上屋敷 平の高房

〒321-2601 栃木県日光市湯西川1483
TEL.0288-98-0336
お問い合せフォームはこちら
もっと温泉を楽しもうシリーズ : - : -

(もっと温泉を楽しもうシリーズ)温泉の効能-なぜ温泉は体にいいの?

spa_oboro.jpg

なぜ温泉は体にいいの?

Point1. 科学的作用・効果
温泉に含まれている化学成分が入浴や飲泉によって体内に吸収されることで、身体に様々な薬理的効果を生みます。これが総合的に働いて健康のために良い結果をもたらします。

Point2. 物理的作用・効果
温熱、水圧、浮力の各作用・効果がございます。温熱作用としまして、新陳代謝の促進や自律神経を整え、水圧作用は、圧力により運動効果やマッサージ効果が期待できます。浮力作用は、体への負担が少なくなることで、リラックスでき、リハビリなどにも効果があります。

Point3. 転地効果
温泉の効能は湯に浸かるだけではありません。空や海を眺めたり、川のせせらぎに耳を傾けたり・・・。日頃の生活環境から離れることによって、ストレス解消と精神疲労に効果を発揮し、良好な気候情報が健康の回復に役立ちます。

参照:一般社団法人 日本秘湯を守る会HP

当館へのご質問、お問い合せは下記よりお受け致しております。
日本秘湯を守る会 会員宿
湯西川温泉 上屋敷 平の高房

〒321-2601 栃木県日光市湯西川1483
TEL.0288-98-0336
お問い合せフォームはこちら
もっと温泉を楽しもうシリーズ : - : -

(もっと温泉を楽しもうシリーズ)温泉について

日本は温泉天国
 ヨーロッパなどでは、温泉がすでに医療的な目的として活用されています。一方日本では、古くから自然のなかにある温泉地で健康を回復・増進させる「湯治」という習慣がありました。これは、温泉、豊かな自然そしてゆっくりと流れる時間に身をゆだね、体が本来持っている自然治癒力を引き出そうとする療法です。
 火山列島である日本はこの温泉の宝庫。日本は世界でも有数の自然の恵み、天然回復剤である温泉の産地なのです。
 その貴重な温泉文化がひっそりと残る全国各地の秘湯へ足を伸ばしてみませんか。

spa_biwa_2.jpg

温泉とは?
 日本には温泉法という法律で定められた法律があります。これによると、規定量以上の化学成分を含むものと、成分が規定に満たなくとも湧出口の泉温が25℃以上のものが温泉と呼ばれます。
 温泉は、大別すると「火山性の温泉」と「非火山性の温泉(深層地下水型、化石海水型、その他の温泉)」に分類することができ、色、温度、臭気、成分等、様々な特徴を持っております。温泉は、温泉水に含まれている成分と含有量等よってグループに分けられます。
 日本秘湯守る会では、我が国固有の温泉文化や温泉という地球の資源を守ることが私たちの大切な役目と考え、温泉についての勉強会を続けながら、温泉利用形態や、温泉情報の公開に努めてまいります。

1.源泉かけ流し
加温はあっても加水することなく源泉を給湯、利用している浴槽。源泉温度が高温にもかかわらずこの表示になっているのは、加水ではなく、熱交換という方法で適温に給湯、または浴槽そのものに熱交換の装置を設置している場合です。浴槽に給湯された「源泉かけ流し」の湯は循環利用されることなく放流しています。

2.かけ流し
適温にするために加水、又は加温しながら新湯を給湯、利用している浴槽です。一度浴槽に給湯された湯は循環利用されることなく放流している状態です。

3.給湯口源泉・浴槽加温循環
給湯口からは源泉の新湯が給湯されていますが、適温を保つ為に循環している利用形態です。

4.給湯口源泉・浴槽加温・濾過・殺菌循環
給湯口からは源泉の新湯が給湯されていますが、適温を保つ加温と、濾過・殺菌などの為に循環している利用形態です。

5.給湯口を含む加温・濾過・殺菌循環
一度浴槽へ給湯された温泉が、湯量、適温を保つ為の理由により循環利用する中で、濾過・殺菌循環され、再び給湯口から給湯し利用している利用形態です。

参照:一般社団法人 日本秘湯を守る会HP

当館へのご質問、お問い合せは下記よりお受け致しております。
日本秘湯を守る会 会員宿
湯西川温泉 上屋敷 平の高房

〒321-2601 栃木県日光市湯西川1483
TEL.0288-98-0336
お問い合せフォームはこちら
もっと温泉を楽しもうシリーズ : - : -

(もっと温泉を楽しもうシリーズ)温泉の効能-温泉の一般的禁忌症

温泉療法をしてはいけない病気や症状のことを「禁忌症」といいます。

【一般的禁忌症】
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

hh.jpg

参照:一般社団法人 日本秘湯を守る会HP

当館へのご質問、お問い合せは下記よりお受け致しております。
離れで至福の一時、銘木の館、囲炉裏会席
湯西川温泉 上屋敷 平の高房

〒321-2601 栃木県日光市湯西川1483
TEL.0288-98-0336
お問い合せフォームはこちら
もっと温泉を楽しもうシリーズ : - : -

(もっと温泉を楽しもうシリーズ)温泉の効能-なぜ温泉は体にいいの?

spa_fuji.jpg

温泉の一般的適応症
温泉療法をおこなってよい病気や症状のことを「適応症」といいます。

【一般的適応症】
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

ee.jpg

参照:一般社団法人 日本秘湯を守る会HP

当館へのご質問、お問い合せは下記よりお受け致しております。
源泉掛け流し天然温泉 美肌の湯
湯西川温泉 上屋敷 平の高房

〒321-2601 栃木県日光市湯西川1483
TEL.0288-98-0336
お問い合せフォームはこちら
もっと温泉を楽しもうシリーズ : - : -
1/1
最近の記事
カテゴリ
過去の記事